H18年度 主催研修会日程

 

 

研修会名

日程

対象

場所

主催

 研修会

基礎研修会

(終了しました)

「発達障害の人たちのきょうだい、保護者への支援 − 支援者へのメッセージ−」

大阪千代田短期大学
教授 広川律子 氏

「発達のアンバランスの理解と支援」

東京学芸大学
教授 上野一彦 氏

H18年9月24日(日)

不問

明石市民会館 

中ホール 

専門研修会 幼児期支援者

(終了しました)

「 子どもの姿を知ろう ―アセスメントについてー 」
ひょうご発達障害者支援センター
相談支援員 橋本美恵

「 関わり方の実際 」
グループワーク 「 課題に取り組もう
―課題分析について―」
ひょうご発達障害者支援センター
相談支援員 橋本美恵


「(仮)当事者から幼児期支援者へのメッセージ」
たつの子教育代表 笹森理絵 氏

実践報告 「(仮)Aちゃんの幼稚園での生活から 」
@幼稚園教諭
Aひょうご発達障害者支援センター
相談支援員 橋本美恵

「(仮)気になる、困った行動への理解と関わり 」
グループワーク
兵庫教育大学 嶋崎まゆみ 氏

 

@H18年10月28日(土)

AH18年11月

18日(土)

 

幼児期関係

機関支援者

 

 

  明石市生涯学習センター

専門研修会 教育関係者

終了しました

「発達障害のある子どもたちの青年・成人期に向けた教育的支援」(仮題)
兵庫教育大学 学校教育研究科  助教授 井上 雅彦 氏

実践報告1「クローバーにおける成人期支援を通じた学齢期・思春期の支援課題」(仮題)
ひょうご発達障害者支援センター クローバー
主任相談支援員 和田 康宏

実践報告2「高等教育における発達障害のある生徒への支援の実際」(仮題)
大阪YMCA 国際専門学校 国際高等課程  表現・コミュニケーション学科  学科長 鍛治田 千文 氏

 

 H19年2月

      10日(土)

教育関係者

明石市生涯学習センター

共催

 研修会

【】内は共催機関名

医療従事者 【県、県医師会】

(終了しました)

「(仮題)発達障害の診断と治療的アプローチ ―各ライフステージにおける着眼点と事例を中心にー」
神戸大学医学部付属病院 精神神経科 医師 田中 究 氏

 

H19年3月4日

          〈日)

医療従事者

兵庫県医師会館

〈神戸)

福祉施設職員 研修会

【県知的障害者施設協会】

(終了しました)

【 講義&実践報告 】
「行動障害の理解と支援の実際 (仮題) −太田Stage(認知発達治療)に基づく支援の実践現場から−」
□成人期の生活を支える−「働くこと」 と 「楽しむこと」−
□太田Stage (認知発達治療)について
□行動障害の対応を考える5つの次元
□行動障害の支援の実際
−成功事例から学ぶこと、失敗事例から学ぶこと−

(社福)けやきの郷 (埼玉県)
ワークセンターけやき
施設長 佐々木 敏宏 氏

H18年10月 

   11日(水)

福祉施設職員

  姫路市民会館

市町行政職員 研修会

【県障害福祉課】

 H18年7月

     26日(水)

市町行政職員

  神戸学習プラザ

保健師

【県精神保健福祉センター】

 H19年1月

        25日(木)

保健師

兵庫県精神保健福祉センター

ハローワーク職員

【兵庫労働局】

H18年10月下旬ごろ

ハローワーク職員

  兵庫労働局